脱毛機販売・ 導入カテゴリー

東日本大震災からの復活!!宮城県ミユゥー様 ゼロスタートから命のメッセージ!!

私は震災のあった東松島市で20年 エステ経営をしてますリフレッシュサロン ミユゥーの工藤 です。

私の店は3年前までは経営不振で毎月の支払いがとても大変で常に頭を痛めてる日々でした。
その時に出会ったのがハイパースキン脱毛です。

購入するのには、かなり悩みましたが、私の決断が喜びと笑顔を運んできてくれました。
自宅営業してた店も念願叶い昨年の夏に駅前に大きく店を構える事ができました。

毎日、予約がいっぱいでキャンセル待ちが出るほど店は活気がありました。やっと今までの苦労が報われ楽な生活ができるなあ~と思ってた矢先にあの信じられない地震と津波です。
一瞬にして私の片腕で頑張ってくれたスタッフ、そして数多くのお客様、友人…会いたくてももう会えません。

あちこちの店は撤退して町の明かりが少しずつ消えてきてます。

私もあまりのショックで店を再起させる気力は消えかけてたんですが、もう一度頑張ってみようと言う気持ちを起こさせたのは脱毛機・痩身機全てが壊れないで無事だったからです。

ハイパースキンが、また私に勇気を与えてくれました。この震災で2ケ月営業してなかったので支払いや修繕費で蓄えてきたお金は無くなりましたが脱毛を待ってるお客様からどんどん問合せが入るようになりました。

まだまだ以前の活気を取り戻すには1年以上かかると思いますが店舗をまた以前の自宅に戻し、1年後にはまた駅前の大きな店に戻るという気持ちで前向きに頑張ってます。

今回の震災…誰も責める事はできないんですが、全壊した方達には国や町から色々な支援がありますが店には支援や協力は何もありません。

今まで通りの町にするには店の明かりを消してはいけないんです。

でも、震災で被害のあった経営者の方々は家賃が払えず本当に悔しい思いで撤退して行ってます。

私も待ってるお客様がいるからこそ頑張ってますが、ふと振り返ると地震前の景気良かった頃、痩身担当のスタッフの笑顔、お客様…色々と思い出され悔しくて涙が止まりません。

こうして私の想いを綴ってる今も涙が溢れてしまいます。

私の人生で一番辛い出来事です。

もうこれ以上辛い事なんて無いと思います。 そう自分に言い聞かせこれからの人生を歩んで行きたいと思います。

* 私の目標:地震前の大きな店舗に戻す事です

ハイパースキンKARENという大きな夢に出会い、そしてその大きな夢を手に入れ順風満帆だったミユゥー様。
工藤先生との関わりを持ち、シアワアセオーラをすべてのお客様と、共有しその喜びを神様に感謝して毎日を平穏に暮らしていたのに。。。

2011年3月11日 東日本を襲った大震災と大津波によってかけがえの無い仲間と大切なお客様も失いました。

この場をお借りし亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の方々、あるいは被災地にご家族・親戚・友人をお持ちの方々に対しまして、心からお見舞い申し上げます。

震災の日、私は宮崎県都城市におり商談が終わった16時に会社からの「社長!東北が大変なことになってます!ミユゥーさんやJUNO(青森)さん、サクスィード(茨城)さん他大丈夫でしょうか!?」との電話で知りました。

そして今日まで私に出来ること。会社として出来ることを微力ではありますが後方支援を行ってきました。

ミユゥー様が1台目のハイパースキンカレンを導入されたのは2009年12月2日。

ご自宅の1階部分すべてをサロンスペースにされ充実したフェイシャルや痩身メニューに多くのお客様から信頼を受けておられる中、ハイパースキンカレンを導入した初月からとてつもない金字塔の売上げを打ち立て2010年の春には2台目の導入。そして20周年を迎えた2010年7月20日には仙石線矢本駅ロータリー前に35坪の素敵なサロンへと新しく生まれ変わっていきました。

8月にはお祝いに駆けつけ今年の4月には宮城県大崎市で2店舗目の出店を計画していた矢先の大震災(物件の契約を震災のあった3月11日午前中に済ませていました)

工藤先生は「私達からすべてを奪った津波が憎い。。。」とおっしゃいながらも震災のあった3月11日午前中に新しいサロンの契約を済ませたことが「神様がここで頑張りなさい」という意味なのね。。。の言葉に僕も先生も涙が止まりませんでした。

今すぐにでも工藤先生の元へ飛んで行きたい自分がいるけど、今行っても何も出来ないし

行って喜んでもらえる時期が来た時に行こうと心に決め今日この日を迎えました。

伊丹空港から仙台へ出発

伊丹空港から仙台行きのJAL 機を見たときから
心が詰まり大きく深呼吸。。。

そして機内から見た仙台空港に着陸する周辺の風景は、津波の凄まじさを一瞬にして僕に見せつけています。

東北自動車道から東松島へ向う

東北自動車道から東松島へ向う町すべてが変わり果てていましたが、古川ICを下りた古川の町は何事もなかったかのような町が現れ、そして新しく再出発をされたリフレッシュサロン ミユゥーの前まで辿り着き、元気よく最高の笑顔で「工藤先生!岡井です♪!」といくはずが。。。
工藤先生やお嫁さんの梨絵さん、そしてスタッフさん、ご主人。。。みんなの顔を見た瞬間にもうダメ(涙 でした。
大阪で暮らしている僕にはこの震災に遭われたみなさんの今日まで、そしてこれからも続く復興に向けてのご苦労にはどんな言葉をかけても気休めにしかなりません。
工藤先生や、みなさんと共に無言で涙した静かな時間を共有した後、少しずつこれからの未来へミユゥーの再生に向けてこの2年の間に僕が力をつけた集客ノウハウをお伝えし捲土重来を誓いました。

リフレッシュサロン ミユゥー 店内写真

大崎市古川のミユゥーは新築のとても素敵なサロンに仕上がり♪手作りのウェルカムボードが古川の皆様をお迎えし、店内はゆったりと時間を忘れさせてくれる空間が広がり、アンティークなコンソールテーブルに置かれた胡蝶蘭が凛として訪れたお客様に「安堵感と心の落ち着き」をそっと感じさせてくれます。
きっと古川のミユゥーもこれから多くのお客様で賑わうことでしょうね♪

脱毛サロン ウェルカムボード

そしてこの日の夜には工藤先生、ご主人、梨絵さんと地元のイタリアンをご馳走になりました(美味しかったです!)がこの店でも「WE ARE ALL ONE」「私たちはひとつ」のメッセージ。東北魂を街中で見させていただきました。

東北魂

翌日は工藤先生とご主人とで東松島や石巻の震災の爪跡を案内していただきました。この大惨事を目の当たりにすると工藤先生の説明に一言の言葉も出せない自分がいました。この行動は興味本位ではなく後世の人たちに伝える役目として僕なりにこの目にしっかりと焼付けそして心の中にもしっかりと刻んでおきたかったので工藤先生にお願いした次第です。 ありがとうございました。 

そして。。。矢本駅前に昨年7月にオープンしたミユゥーへ。津波の大きな被害からは免れましたが、ここでの再出発にはまだ少し時間がかかります。現状では1000人いる東松島の会員様をお迎えする為に2009年のハイパースキンKARENに出会ったスタートラインへ戻りましたが、店内は活気に溢れ僕が滞在したわずかな時間の間にも新規のお客様から脱毛のお問い合わせやご予約のお電話。

脱毛サロン お客様対応

そのお電話を梨絵さんが受けながら新規のお客様には
「大丈夫でしたか?」と優しくお声をかけられている姿を拝見し、
ミユゥー再建の力強さを感じました。

お別れの最後。。。 工藤先生。ご主人。梨絵さん。松川さん。高須賀さんと笑顔の再会を約束しての記念写真♪  古川店の相原さんが写ってなくて残念ですが、きっときっとみんなみんな大丈夫!!

「生かされている事に感謝」し、ポジティブシンキングで頑張って行きましょう!!

みなさん。ありがとうございました!!

ミュー様 全員集合写真
復興には長い時間が必要です。 このブログを読んで下さってる皆さんもすでにそれぞれの思いを形に変え行動されている事でしょうが、僕自身も何が出来るか考え行動しようと心を改にしています。

サロン情報

サロン名リフレッシュサロンミユゥー古川店
オーナー 工藤 裕子先生
所在地 宮城県大崎市古川穂波8-10-16
電話0229-25-9550
営業時間10:00~お客様のご予約最終まで
定休日金曜・祝日(金曜が祝日の場合は営業)
駐車場各店 5台
ハイパースキン脱毛機で開業されたサロンオーナー様方の写真
子供脱毛がキッカケで親子脱毛へ、そして、さらに紹介へと...
人の輪が広がるDioneの脱毛は、先に開業された方の想いを大切にするため開業エリア限定しています。開業希望エリアにおいてお断りする場合があります。予めご容赦ください。

ハイパースキンカレン専用ダイヤル

開業支援

脱毛機・販売

脱毛体験・販売セミナー

メディア情報